【評判】モバイル保険なら代金を支払わずに修理可能!加入条件と注意点まとめ

あなたが使っているiPhone、画面がひび割れたまま使っていませんか?

iPhoneの画面修理って代金が高いですし、「ひび割れ程度なら画面が見えるしそのまま使えるから問題ナシ」と、ひび割れたまま使っている人は多いです。

…でも、もし修理代金を支払うことなくiPhoneの画面割れを直せるサービスがあると言われたら気になりませんか?

その夢のようなサービスが「モバイル保険」というモバイル端末専門の補償サービスです。

この記事の内容
  • 最大で10万円の補償がされる「モバイル保険」の概要について
  • モバイル保険の加入条件や注意点について
  • 修理代金をその場で支払わずにiPhoneの画面割れを直す方法

この記事を書いている私は、元携帯電話代理店で働いていた経験があります。

その経験を活かし、モバイル保険のメリット・デメリットを包み隠さずお伝えします

その上で、モバイル保険が向いている人・いない人の特徴を挙げていくので、あなた自身がモバイル保険に入るべきかどうかの参考になるかと思います。

修理代金を支払うことなくiPhoneの画面割れを直す方法を知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次-必要な所だけクリックして見て下さい-

モバイル保険って何?

まずはモバイル保険の概要から解説していきます。

今すぐに「修理代金を支払うことなく画面割れを直す方法が知りたい!」という人は目次から該当項目へどうぞ。

モバイル保険はモバイル端末のトラブルを最大10万円まで保証してくれるサービス

モバイル保険は、その名の通りモバイル端末専用の補償サービスです。

一度申し込めば対象端末を3台まで登録でき、登録した端末であれば一年間の内に最大補償金額の10万円に達するまで何度でも補償してくれます

さらに携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、格安SIM)の縛りはないので、どこの携帯キャリアと契約していても加入することができます

また、「モバイル」とついていることから、iPhoneやAndroidスマートフォンのみの補償サービスではありません。

モバイル保険対象端末
  • iPhone
  • Androidスマートフォン
  • タブレット端末
  • ノートパソコン
  • スマートウォッチ
  • モバイル音楽プレイヤー
  • 携帯ゲーム機
  • モバイルルーター

参照:モバイル保険

こんなにも多くの種類のモバイル端末を補償してくれる超画期的なサービスです。

ガラケーにおいてもWi-Fi通信、もしくはBluetoothが搭載されている端末であれば補償の対象です。

今売られているガラケーは「ガラホ」と呼ばれる種類で、ガラホならすべて対象なので問題なく適用できます。

モバイル保険の月額料金・保険契約期間

モバイル保険の月額料金・保険契約期間についてです。

  • 月額料金:700円(非課税)
  • 保険契約期間:一年間(自動更新)

モバイル保険は月額料金制で、ひと月700円です。年間で8,400円ですね。

大手携帯キャリアとAppleの補償サービスとの比較

ここで、モバイル保険と大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で提供されているiPhone用の補償サービス、Appleの「Apple Care+」との比較をしてみましょう。

ドコモ
補償サービス名称ケータイ補償サービス for iPhone & iPad
サービス内容水漏れ・破損等のトラブル時、修理ではなく交換
月額料金iPhone Xs:750円
iPhone Xs Max:750円
iPhone XR:750円
iPhone X:750円

iPhone 8、8 Plus:750円
iPhone 7、7 Plus:750円
iPhone SE:600円
iPhone 6s、6s Plus:750円
iPhone 6、6 Plus:600円
iPhone 5s:600円
iPhone 5c:500円
補償期間1年間で2回
※解約しない限りずっと使える
備考初回適用日から1年間で2回の使用が可能
 例)2018年8月9日に使用した場合、2019年8月8日までにもう1回使える初回適用日から1年間を過ぎた場合は回数がリセットされ、次回適用日から再度1年間で2回使える
リンクケータイ補償サービス for iPhone & iPad

ドコモの場合は月額料金がモバイル保険に最も近いです(モバイル保険は月額700円)。

ですが、ドコモの保証サービスは「都度交換」となり、その都度11,000円の料金が発生します。

モバイル保険であれば、iPhoneの画面割れなら実質無料で修理することができます。

そのため、ドコモの保証サービスに入るくらいならモバイル保険に加入した方が良いでしょう。

au
補償サービス名称故障紛失サポート with AppleCare Services
(旧AppleCare+ & au端末サポート)
サービス内容実質AppleCare+の補償期間が4年間になる
修理or交換に対応
月額料金iPhone Xs:1,190円
iPhone Xs Max:1,190円
iPhone XR:890円
iPhone X:1,190円

iPhone 8:790円
iPhone 7:790円
iPhone 6s:790円
iPhone 6:790円
iPhone SE:707円
iPhone 8 Plus:890円
iPhone 7 Plus:890円
iPhone 6s Plus:890円
iPhone 6 Plus:890円
補償期間4年間
※4年を過ぎれば強制終了
備考月額料金の支払いは48か月で終了
リンク故障紛失サポートwith AppleCare Services|au公式ホームページ

auの保証サービスは、Apple Care+と同等サービスが4年間使えるようになるという内容です。

通常、Appleのメーカー保証は1年間でAppe Care+をつけることでプラス1年され、合計で2年間は格安料金で修理ができます。

iPhoneやAndroidスマートフォンを2年周期で変える人の場合はあまり必要ないかもしれません。

ソフトバンク
補償サービス名称あんしん保証パック with AppleCare Servies
サービス内容AppleCare+と同等サービスに加え、ソフトバンクオリジナルのサポートが受けられる
月額料金を支払い続ける限り適用
月額料金iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone X:1,160円
iPhone XR、上記以外のiPhone:830円
iPad Pro:700円
その他のiPad:650円
補償期間なし
※修理・交換に関しては2年間に2回まで
備考初回適用日から2年間で2回の使用が可能
 例)2018年8月9日に使用した場合、2020年8月8日までにもう1回使える初回適用日から2年間を過ぎた場合は回数がリセットされ、次回適用日から再度2年間で2回使える
リンクあんしん保証パック with AppleCare Services|ソフトバンク公式ホームページ

ソフトバンクの保証サービスは、Apple Care+のサービスに加えてソフトバンクオリジナルのサービスが受けられます。

月額料金が高め、且つ2年間で2回までしかサポートを受けられないのでオススメできません。

Apple
補償サービス名称Apple Care+ for iPhone
サービス内容Appleが提供する補償サービス
iPhone購入時のメーカー保証期間は1年間だが、Apple Care+に登録することで2年間に延長される画面修理:3,400円
その他損傷:11,800円
Apple専任スペシャリストのチャットor電話サポート
月額料金iPhone Xs、Xs Max:22,800円(一括)
iPhone XR:16,800円(一括)
iPhone X:22,800円(一括)

iPhone 8、7、6s:14,800円(一括)
iPhone 8 Plus、7 Plus、6s Plus:16,800円(一括)
iPhone SE:12,800円(一括)※分割払いはApple公式サイトから同時にiPhoneを購入する場合のみ可能
補償期間2年間
備考大手携帯キャリアで購入したiPhoneでも加入は可能
購入から30日以内であれば以下の方法で登録可能

  • オンライン購入
  • Apple Storeで購入
  • 0120-27753-5に電話して購入
リンクAppleCare+ for iPhone

Appleの提供するiPhone専用の保証サービス「Apple Care+ for iPhone」です。

もともと、iPhoneには1年間のメーカー保証がありますが、この期間を2年間に延長するものが「Apple Care+」です。

画面割れであれば3,400円という格安料金で修理することができます。

ただし、購入は一括払いのみです。

Appleで同時にiPhoneを購入する場合であれば分割支払も選べます。

モバイル保険と他キャリア保証サービスの比較まとめ

この一覧表と比較すると、モバイル保険は月額700円ですべてのiPhoneシリーズに対応しているので割安であるといえます。

これらのサービスに加入するよりかは料金を抑えた上で端末保証が受けられるのでモバイル保険の方が良さそうです。

一方、ドコモの補償サービスに関しては「交換対応(月額料金とは別に11,000円発)」というのがポイントです。

つまり、新品(もしくは新品相当品)に交換することができるので、修理ではなくそちらが良いという場合はドコモでiPhoneを購入した方が良いでしょう。

モバイル保険の加入条件・登録方法

加入条件

モバイル保険の加入条件は以下の通りです。

モバイル保険の加入条件
  • 新品端末の場合:端末を購入した日から一年以内
  • 中古端末の場合:国内メーカー製品、且つ端末購入日から販売店の3か月以上の保証書が付いている端末

中古端末においては、販売店からの3か月以上の保証書が付いている端末のみ加入することができます。

ただし、ほとんどの場合、3か月以上の保証書が付いているものはないと思われます。

そのため、大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入した新品端末か、国内販売メーカーから購入した新品のSIMフリー端末が対象と考えた方が良さそうです。

ちなみに、ネットオークションや友人・知人から譲渡されたものは加入することができません。

端末の登録方法

端末の登録方法はいたって簡単です。

端末の登録方法
  1. モバイル保険」にアクセスして「モバイル保険を今すぐ申し込み(ピンク色のボタン)」を押す
  2. 画面の指示に従って各種同意事項に同意、メールアドレス入力
  3. メールアドレス登録後、4桁の認証コードを入力して次の画面へ
  4. 「申込内容入力」という項目で契約者情報・端末情報登録、確認
  5. 支払情報入力
  6. 申込完了

上記の手順で申し込みを行う際、4番目の「申込内容入力」で端末の登録を行います。

モバイル保険に登録する際、必ず一台の端末を登録します(主端末と呼びます)。

その他、登録したい端末があれば最大で二台まで登録することができます(副端末と呼びます)。

端末情報を登録する際、登録する端末本体の写真を撮影して画像をアップロードする必要があるので「撮影方法|モバイル保険」を確認しておきましょう。

端末の購入証明書などは不要なので、画面の指示に従って登録を進めてください。

主端末と副端末の違い

モバイル保険への申し込みに際して、「主端末」をまず1台決め、その後最大2台まで「副端末」として登録することができます。

主端末と副端末の違いは「補償が適用される最大金額」です。

主端末と副端末の違い
  • 主端末:最大10万円まで補償
  • 副端末:最大3万円まで補償

※モバイル保険は主端末・副端末合わせて年間最大10万円まで保証してくれます

モバイル保険は、主端末の場合は最大で10万円まで補償、副端末の場合は1台あたり最大で3万円までの補償をしてくれます。

これらの合計金額が10万円までであれば、1年間のうちに何度でも補償の対象となります。

仮に主端末で1回10万円分の補償を受け取ってしまったら、その1年間は補償を受けられないということになります。

複数端末の登録を検討している方は「それぞれの端末において最大10万円までの補償ということではない」という点は覚えておいてください。

なお、主端末の変更や副端末の登録についてはマイページで設定することができます。

モバイル保険が対象/非対象となるトラブル

モバイル保険は最大10万円までの補償を受けられるモバイル機器等のサービスです。

このモバイル保険が適用される「対象となるトラブル」は以下の通りです。

モバイル保険が対象となるトラブル
  • 外装破損、損壊
  • 水漏れ全損、故障
  • 盗難

参照:モバイル保険約款 第2章第5条(保険金をお支払いする場合)

反対に、モバイル保険が適用されない対象のトラブルは以下の通りです。

モバイル保険の非対象となるトラブル
  • 差押え、収用、没収、破壊など国または公共団体の公権力の行使によって生じた損害
    • ただし、消防または避難に必要な処置によって生じた損害については保険金を支払う
  • 「保険の対象=モバイル機器」の自然の消耗、もしくは劣化、または声質による変色・変質・さび・かび・腐敗・腐食・浸食・ひび割れ・はがれ・肌落ちその他類似の事由、またはねずみ食いもしくは虫食いなどによって生じた損害
  • 保険の対象の欠陥によって生じた損害
  • 保険契約者、被保険者またはこれらの者の法定代理人の故意もしくは重大な過失または法令違反によって生じた損害
  • 被保険者と世帯を同じくする親族の故意によって生じた損害
  • 保険の対象に加工(修理を除く)を施した場合、加工着手後に生じた損害
  • 戦争・外国の武力行使・革命・政権奪取・内覧・武装反乱その他これらに類似の事変または暴動によって生じた損害
  • 核燃料物質もしくは核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性またはこれらの特性による事故によって生じた損害
  • 保険の対象に対する修理、清掃等の作業中における作業上の過失または技術の拙劣によって生じた損害
    • ただし、これらの自由によって火災または破裂・爆発が発生した場合は保険金を支払う
  • 詐欺または横領によって保険の対象に生じた損害
  • 水災(=洪水、高潮、土砂崩れ等)によって生じた損害
  • 台風、旋風、暴風、暴風雨等の風災によって屋外に所在する保険の対象に生じた損害
  • 購入から1年以内のメーカーの瑕疵(=欠損等)による故障等による損害
  • 日本国外で生じた損害

参照:モバイル保険約款 第2章第10条(保険金をお支払いしない場合)
※一部の表記をわかりやすいように追記しています
※特に重要と思われる箇所は赤字記載しています

モバイル保険の非対象となるトラブルについて多く書かれていますが、特に重要と思われる点は赤字で記載しました。

端末の自然故障(携帯電話やスマートフォンは大体4〜5年使うとガタが来ることが多いです)や、海外での故障の場合はモバイル保険の適用対象外です。

この点はしっかりと覚えておきたいポイントです。

モバイル保険の注意点

ここまで、モバイル保険の大まかな概要について解説してきました。

ここからはモバイル保険の注意点について解説していきます。

モバイル保険を使うに当たって注意したい点は以下の7点です。

モバイル保険の注意点
  1. 日本国内で売られている端末限定、且つ技適マーク必須
  2. 中古端末は販売店からの3ヶ月以上の保証書が必須
  3. 違法改造している端末は対象外(脱獄、root化、etc.)
  4. モバイル保険加入前にすでに故障している端末は登録できない
  5. 日本国内でのトラブルのみ適用=海外での故障は非適用
  6. 家族名義の端末は登録できない
  7. 修理不能の場合は補償金額が大幅減

それぞれについて簡単に解説していきます。

日本国内で売られている端末限定、且つ技適マーク必須

モバイル保険が適用できるのは日本国内で販売されていて、尚且つ技適マークがついているモバイル機器のみです。

最近ではネット通販の普及により、海外製品を簡単に購入できるようになりました。

ですが、海外製品のSIMフリー端末等はモバイル保険の補償を受けることができないのでご注意ください。

大手携帯キャリアで購入したiPhoneやスマートフォン、Apple公式サイト(日本)で購入したSIMフリーモデルのiPhoneならば問題ありません。

中古端末は販売店からの3か月以上の保証書が必須

中古端末を購入する方も多くいらっしゃるかと思います。

中古端末でもモバイル保険の補償を受けることはできますが、その場合は「販売店からの3ヶ月以上の保証書」が必要となります。

保証が3ヶ月以上残っている中古端末は販売されていることが少ないので、モバイル保険には不向きと言えるでしょう。

モバイル保険を検討中で、これから中古端末を購入する場合は必ず販売店に「3ヶ月以上の保証書がついているかどうか」を確認してから購入してください。

なお、ネットオークション(ヤフオク等)やメルカリ等で出品されている端末はモバイル保険への登録はできないのでご注意ください。

違法改造している端末は対象外(脱獄、root化、etc.)

モバイル保険が適用されるのは、純正の製品のみです。

詳細は省きますが、iPhoneの脱獄化・Android端末のroot化、その他違法な改造を施している端末はモバイル保険の適用対象外となります。

ちなみに、iPhoneの修理ができる店舗は数多くありますが、Appleから正式に認められた修理サービスができるのは以下の2通りの店舗のみです。

  • Apple Store
  • Apple正規サービスプロバイダ

これらの2種類の店舗以外で修理したほうが修理費用は安くなる傾向がありますが、Appleからは「正規手順の修理」とみなされず、修理対象外端末となってしまいます

モバイル保険を適用させたい場合は、必ずApple StoreかApple正規サービスプロバイダで修理を行うようにしましょう。

モバイル保険加入前に既に故障している端末は登録できない

モバイル保険に加入する前からすでに故障している端末は登録できません

モバイル保険の重要事項説明書には告知義務が書かれています。

モバイル保険告知義務について

ご契約者には、ご契約時に当社に重要な事項を申し出ていただく義務(告知義務)があります。
ご契約時に当社が定める保険契約申込書の告知項目について事実を告知されなかったり、事実と相違することを告知された場合には、ご契約を解除したり保険金をお支払いできないことがあります。
ご契約時に次のいずれかに該当する事実があった場合には、保険契約は無効または取消になります。

  1. ご契約者もしくは被保険者が保険の対象についてすでに保険金を支払うべき事故が生じていたことを知っていた場合
  2. ご契約者もしくは被保険者が保険金を不法に取得する目的を持って締結した場合
  3. ご契約締結時にご契約者もしくは被保険者による詐欺または脅迫行為があった場合

参照:重要事項説明書 注意喚起情報2|モバイル保険

簡単に言うと「モバイル保険が適用となっている間だけ補償しますよ」ということです。

詐欺行為や脅迫行為によるモバイル保険の悪用はやめてくださいね。

日本国内でのトラブルのみ適用=海外での故障は非適用

モバイル保険で残念に感じた部分でもありますが、日本国内でのトラブルのみ適用対象となる点です。

海外旅行中の盗難や故障といったトラブルはつきものですが、海外で起きた故障に関しては適用対象外となるので注意が必要です

家族名義の端末は登録できない

モバイル保険は、携帯キャリアも機種も関係なく登録ができるモバイル機器専用の保険サービスで、一度の契約で最大3台まで登録ができます。

iPhoneやAndroidスマートフォンに関しては、大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入される方も多いでしょう。

ですが、モバイル保険は契約者以外の端末を登録することができません

つまり、大手携帯キャリアで携帯電話を購入している家族、格安SIMと端末のセット購入をしている家族の分については登録できません。

その場合はその家族名義でモバイル保険に申し込む必要があります。

SIMフリーモデルの端末を単体購入している場合は契約者が関係ないので、仮に家族が使っていたとしてもモバイル保険に登録することが可能です。

修理不能の場合は補償金額が大幅減

モバイル保険は、主端末を1台・副端末を最大2台までの合計3台が登録できます。

主端末と副端末の違いは以下の通りです。

主端末と副端末の違い
  • 主端末:最大10万円まで補償
  • 副端末:最大3万円まで補償

※モバイル保険は主端末・副端末合わせて年間最大10万円まで保証してくれます

ここに書いてある金額は「修理可能」の場合の最大補償金額です。

修理不能」だった場合は、補償される金額が減ってしまいます。

修理不能だった場合の補償金額(修理可能保険金)
  • 主端末:最大25,000円まで補償
  • 副端末:最大7,500円まで補償

※いずれも端末購入金額と修理可能保険金との低い金額を支払う

ご覧の通り、修理不能だった場合の補償金額がだいぶ違いますね。

また、端末購入金額と修理可能保険金と比べて低い方の金額が支払われます。

修理不能と判断されてしまった場合は残念ですが、この点を覚えておきましょう。

モバイル保険のメリット・デメリット・向いている人

モバイル保険の注意点を確認したところで、モバイル保険のメリット・デメリットを解説していきます。

そして、これらを見比べた上でモバイル保険が向いている人を挙げてみます。

モバイル保険のメリット

モバイル保険のメリットは以下の通りです。

モバイル保険の4つのメリット
  • 登録した端末3台まで回数制限なく最大10万円分の補償をしてくれる
  • 月額料金が他の携帯キャリアの保証サービスよりも安い
  • モバイル保険に登録した端末はマイページからいつでも変更可能
  • 提携修理店に持ち込めば代金を支払わずに修理できる(iPhoneのみ)

それぞれについて説明していきます。

登録した端末3台まで回数制限なく最大10万円分の補償をしてくれる

モバイル保険はお手持ちのモバイル機器を3台まで登録することができ、修理回数に制限なく最大10万円分の補償をしてくれるサービスです。

主端末(1台)と副端末(他2台)とで、それぞれ最大補償金額が異なる点は注意が必要ですが、それでも最大10万円分の補償をしてくれるサービスは他にありません。

登録できる端末は「Wi-Fi通信かBluetooth接続のできるモバイル機器」であれば何でも登録できる点も魅力的です。

ノートパソコンやモバイルルーター等、これらのモバイル機器を持っている方は非常に多いので、これらも補償してもらえるのはありがたいですね。

月額料金が他の携帯キャリアの保証サービスよりも安い

モバイル保険の月額料金は、他の携帯キャリアやApple Care+と比較すると安く設定されています。

モバイル保険と他の携帯キャリアとの比較
  • モバイル保険:月額700円
  • ドコモ:月額750円(iPhone Xs、Xs Max)
  • au:月額1,190円(iPhone Xs、Xs Max)
  • ソフトバンク:月額1,160円(iPhone Xs、Xs Max)
  • Apple Care+:22,800円(iPhone Xs、Xs Max)※一括払いのみ

このようにモバイル保険の月額料金はかなり安いです。

ドコモの「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」は月額料金が750円ですが、このサービスを利用するたびに11,000円の料金が発生してしまいます

また、モバイル保険は格安SIMを利用していても端末を登録することができるので、毎月の携帯電話料金という観点でドコモ以上に大きなメリットがあると言えます。

モバイル保険に登録した端末はマイページからいつでも変更可能

モバイル保険に申し込むと、あなただけのマイページにログインすることができます。

保険金の請求やサービス自体の解約はマイページからすべて行うことができます。

当然、モバイル保険に登録している端末の変更もマイページから簡単に設定することができるので安心です。

保証系サービスは色々な手続きや書類が必要だったりして面倒なことが多いのですが、モバイル保険に関してはそういった手間がかからないのが嬉しいポイントです。

提携修理店に持ち込めば代金を支払わずに修理できる(iPhoneのみ)

モバイル保険を運営している「さくら少額短期保険株式会社」は、数多くのスマートフォン・タブレット修理事業者と提携しています。

モバイル保険が提携している修理事業者(リペアパートナー)は、すべて総務省が認定する登録修理業者の資格を有しているので安心です。

モバイル保険のリペアパートナー店舗での修理であれば「キャッシュレスリペア」というサービスを使うことができます。

キャッシュレスリペアとは、事前にマイページから申し込みをしておくことで修理店舗で代金を支払うことなく無料で画面割れの修理ができるというサービスです。

モバイル保険は通常、先に修理代金を支払ってリペアリポートをモバイル保険に送信することで修理相当金額の保険金が振り込まれるという流れです。

ですが、このキャッシュレスリペアを使えば代金を支払うことなく修理することができるので手間がかからず面倒な申請手続きが不要なのでオススメです。

モバイル保険のデメリット

続いて、モバイル保険のデメリットとも言えるポイントです。

モバイル保険のデメリット
  • モバイル保険に一度登録して削除した端末は再登録できない
  • 海外での故障には非対応
  • 提携修理点はApple正規サービスプロバイダではない

モバイル保険に一度登録して削除した端末は再登録できない

モバイル保険の登録端末は最大で3大まで登録することができますが、一度登録を削除した端末は再登録することができません。

登録する端末の変更自体は気軽にできますが、その反面、再登録ができないのはちょっと残念ですね。

海外での故障には非対応

注意点でも述べましたが、モバイル保険は日本国内での故障のみ保険金支払いの対象となります。

海外旅行中のトラブルに関してはモバイル保険の保険金支払いの非対象なので注意しましょう。

提携修理点はApple正規サービスプロバイダではない

モバイル保険は数多くのスマートフォン・タブレット修理事業者と提携しています。

ですが、これらの店舗はすべて「Apple正規サービスプロバイダ」ではありませんでした。

iPhoneの正規修理は、Apple StoreかApple正規サービスプロバイダの2種類の店舗でしか行うことができません。

これらの店舗以外でiPhoneの修理をした場合は、改造品扱いされてしまい、以後対象のiPhoneはAppleのメーカー保証を受けることができなくなる可能性が高いです。

その場合でもモバイル保険やほか修理事業者での修理は問題なく行えますが、その点が気になるという方にはモバイル保険はおすすめできません。

モバイル保険が向いている人・向いていない人

モバイル保険のメリット・デメリットを見比べた上で「モバイル保険が向いている人・向いていない人」の特徴を挙げていきます。

モバイル保険が向いている人

  • iPhoneの画面割れが多い人
  • どうしてもiPhoneやAndroidスマートフォンに保険をかけておきたい人
  • 複数のモバイル機器を持っている人

モバイル保険は、月額料金が安く設定されているのに最大で10万円分までの補償をしてくれるサービスです。

また、iPhoneの画面割れであればキャッシュレスリペアを使うことで実質無料で修理することができます

iPhoneの画面をよく割ってしまう人にとっては画期的ともいえるサービスなのでオススメです。

モバイル保険が向いていない人

  • 今までに画面割れや水没が一度もない人
  • Apple正規サービスプロバイダでの修理を希望する人

反対に、これまでiPhoneやAndroidスマートフォンを使っていて一度も画面割れや水没させたことがない人にモバイル保険は不要です。

私自身 iPhone 4から長い間iPhoneシリーズを使い続けていますが、保護フィルムとケースをつけているので画面が割れたことはありません。

基本的に水場で使うこともないので水没させたこともありません。

同様に、画面割れや水没が一度もないという人であればモバイル保険に入る必要はありません。

また、モバイル保険の提携している修理事業者はいずれもApple正規サービスプロバイダではありませんでした。

修理事業者として国から資格は有していますが、Appleが認めている店舗ではないのでAppleのメーカー保証が使えなくなる可能性もあるので注意が必要です。

モバイル保険のリアルな口コミ・評判

この項目では、モバイル保険を実際に使ったリアルな口コミや評判をまとめてご紹介します。


モバイル保険についての口コミ・評判を調べてみると、満足しているという声が非常に多く見受けられました。

特に、3年8か月(44か月)の間「モバイル保険」に加入していても合計金額は38,000円しかかからず、普通にスマホを修理するのと比べても格段に安いのは嬉しいポイントですよね。

ただし、スマホが壊れてからモバイル保険に加入しても適用できなかったという声もあり、不満に感じる人も少なからずいる感じです。

もともとモバイル保険の規約に故障済みの端末は適用対象外と書かれているものの、そこまで読み込む人は多くないので、この点には気を付けて頂きたいところです。

今回、モバイル保険の口コミや評判を調べてみて、利用者のほとんどは満足度が高いという結果が分かったので、いま悩んでいる人は安心してお申し込みください。

iPhoneの画面割れを無料で修理する方法

モバイル保険に加入することで、iPhoneの画面割れであれば実質無料で修理することが可能です。

画面割れしてしまったiPhoneを実質無料で修理する方法は以下の通りです。

iPhoneの画面割れを実質無料で修理する方法
  1. モバイル保険のマイページにログインする
  2. マイページから「キャッシュレスリペア」の申し込みをする
  3. モバイル保険提携の修理事業店舗に持っていく
  4. その場で代金を支払うことなく修理

モバイル保険に加入後、マイページから「キャッシュレスリペア」の申し込みをして提携している修理事業者の店舗に持っていくだけです。

大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の保証サービスやApple Care+に加入していても割安価格で修理できるだけなので代金は発生します。

その点、モバイル保険のキャッシュレスリペアを使えば、その場で代金を支払うことなくiPhoneの画面割れを修理することができます。

iPhoneの画面割れが多いという人はモバイル保険に加入することをオススメします

モバイル保険提携修理店一覧

モバイル保険の提携修理店(リペアパートナー)の最新情報は、マイページで確認することができます。

北海道

iCracked Store札幌ポールタウン店

宮城県

COVER GARAGE都城

群馬県

iCracked Storeベイシア前橋モール

東京都

iCracked Store渋谷
iCracked Store吉祥寺
iCracked Store町田
iCracked Store武蔵小金井
iCracked Store府中
iCracked Store調布
AppBank Storeららぽーと立川立飛
Sma-cleメガネスーパー高田馬場本店
リンゴ屋千代田区市ヶ谷店(東京本部)
リンゴ屋ドン・キホーテ北池袋店
リンゴ屋MEGAドン・キホーテ板橋志村店
リンゴ屋ドン・キホーテ新宿店
COVER GARAGEアクアシティお台場

神奈川県

iCracked Store上大岡店
Sma-cleメガネスーパー本厚木東口店

千葉県

AppBank Store柏

埼玉県

AppBank Storeららぽーと新三郷

愛知県

リンゴ屋名古屋栄本店
リンゴ屋名古屋大須店
リンゴ屋MEGAドン・キホーテ名古屋本店

大阪府

iCracked Store心斎橋
リンゴ屋ドン・キホーテ道頓堀御堂筋店
COVER GARAGE京阪京橋
COVER GARAGE阪急高槻
COVER GARAGE梅田中央

福岡県

iCracked Store天神西通り

※2018年11月現在調べ

これらの店舗であれば、モバイル保険のマイページからキャッシュレスリペアを利用することができます。

キャッシュレスリペアは、現時点ではiPhoneの画面割れのみが対象です。

モバイル保険まとめ

以上、「モバイル保険」についてご紹介しました。

最後にモバイル保険の特徴をまとめて終わります。

モバイル保険の特徴と優れた点
  • モバイル保険は最大で10万円分までの修理代金を補償してくれるサービス
  • 一度の申し込みで3大まで端末を登録でき、iPhoneやAndroidスマートフォン以外にもノートパソコンやモバイルルーターも登録できる
  • 大手携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の携帯電話はもちろん、格安SIMを使っていても申し込みができる
  • モバイル保険と他キャリアの保証サービスを比較すると月額料金が格安
  • iPhoneの画面割れが無料で修理できるので、iPhoneの画面をよく割ってしまう人にはオススメ

モバイル保険が気になった人は、ぜひこの機会にお申し込みをご検討ください。

ソフトバンクのiPhoneを使っている人は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

〜法人携帯の料金を下げたいご担当者様へ〜

法人携帯の料金を下げたいとお考えのご担当者様はコチラからご相談ください。

業務用ガラケーのご用意もございますので導入コスト・維持コストを節約したい方におすすめです。


ガラケー法人契約はこちら
業務用のポケットWiFiについてのご相談はコチラからどうぞ。


業務用携帯見積お急ぎの方はこちら

関連記事

【iPhone 7から!】Apple Pay 日本上陸~使い方を教えます~

【本日発売】iPhone 7 (PRODUCT) RED™ Special Ed...

あんしん保証パック with AppleCare Servicesに入る必要がな...

「あんしん保証パック(i)プラス」と「Apple Care+」~どっちも保証だけ...

iPhone初期設定の方法を詳しく解説してみました!

ワイモバイルでSIMのみ契約をしてみた〜オンラインショップ〜