法人名義でWiMAXを申し込む場合の注意点まとめ|3つのポイントに注意!

働き方改革が進む中で、近年の働く場所は会社の事務所だけではなくなってきています。

カフェで仕事をする方もいれば、自宅で仕事をする方も…!

そんな方に必要不可欠なのが”モバイルルーター”や”ポケットWi-Fi”ですよね。

よく聞く名前を挙げるなら、やはり『WiMAX』という言葉をよく聞きます。

 

実は、WiMAXを法人名義で契約する際にいくつか注意点があることをご存知ですか?

  1. 法人契約ではキャッシュバックがもらえないかもしれません
  2. キャッシュバックがもらえたとしても条件をクリアしなければいけません
  3. 申し込むことで逆に損をしてしまうかもしれません

調べている中で、何も知らずに申し込んでしまうと逆に損をすることになってしまうかもしれないことがわかりました。

ということで、今回は「法人名義でWiMAXを申し込む際に注意しておきたいポイント」「申し込むならこの会社がオススメ!」という部分をお伝えいたします。

この記事を最後までご覧いただくと、法人名義でのモバイルルーター選びのポイントがお分かりいただけます

法人名義でWiMAXを申し込む場合の注意点

WiMAXを申し込もうとインターネットで検索すると、色んな名前のWiMAXが出てきますよね。

例えばこんな名前が出てきます。

  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX
  • カシモWiMAX
  • DTI WiMAX
  • So-netモバイルWiMAX etc…

WiMAXとは元々、UQコミュニケーションズという会社が提供しているサービスで、それ以外は全て代理店販売という形を取り入れています。

元々の「WiMAX」という物に独自のサービスを追加して販売されている物が「〇〇WiMAX」といった名称になります。

例)

WiMAX+So-net=So-netモバイルWiMAX

↑WiMAXという商品に、So-net独自のサービスをくっつけて販売してる

会社が違えばサービスも違います

つまり、同じWiMAXを申し込むのでも、申し込む先の会社が違えばお得に使うこともできますし、逆に損をしてしまう可能性もあるのです

 

WiMAXの申し込みをする際に、ほぼ必ずでてくる言葉が「キャッシュバック」です。

法人名義においては、キャッシュバックの金額に釣られてしまってはいけません

必ず下記の2点のいずれかを満たす会社で申し込むようにしてください!

  1. 申し込む段階で値引きされる
  2. 毎月の月額料金から自動で割引きされる

間違っても「現金〇〇円キャッシュバック!」というようなサービスの会社を選ばないようにして下さい

理由は以下の3点です。

1.キャッシュバックされる期間がだいぶ先

キャッシュバックで還元される条件としてよくあるのがこんな内容です。

1年間利用し続けた上で、特定の時期にお客様からキャッシュバックの申請が為された場合のみ、現金を支払います

上記はわかりやすいようにだいぶ極端な書き方をしましたが、大体似たような内容が書かれています。

 

つまり、1年間利用+特定の時期に自分で申請しないとキャッシュバックを受け取れないのです。

しかも、キャッシュバックの時期になったからといって特に通知等はされません。

さらに悪いことに、特定の期間を過ぎてしまえば、二度とキャッシュバックを受け取る期間はやってきません。

 

1年間もの期間が空いてしまうと、どうしてもキャッシュバックの申請を忘れてしまいがちです。

それであるならば、申し込み時点で値引きされたり、月額料金から自動で割引きされる方が漏れもなくて安心です。

2.「法人契約は除く」と書かれているケースが多い

キャッシュバックを行っている会社のホームページはくまなくチェックするようにしてください。

大体の会社はキャッシュバックの提供条件書というものがあります。

 

この提供条件書は、非常に小さな文字でビッシリと書かれているので、読む気が失せるのですが、とても重要な事項が書かれています。

その項目の中に、小さな文字で「法人契約は除く」と書かれているケースが非常に多いのです

また、中には「オプション加入が必須」「〇か月未満では解約不可」等と書かれていたケースがありましたので、必ず目を通すようにして下さい。

3.税金の対象になる

法人絡みになるとお金の問題が非常に面倒な事態を引き起こします。

特に、キャッシュバックという形で現金を受け取る場合、そのお金は「税金の対象」となります

経理的には「雑収入」として記帳されますかね。

キャッシュバックの金額から税金を持っていかれてはわずかしか残りませんので、メリットにはなりませんよね。

 

以上の3点の理由から、毎月の月額利用料金から割引されるタイプのキャンペーンを行っているプロバイダを選択するようにしましょう。


WiMAXを申し込むならBroad WiMAXがオススメ!

  • 営業の外回りをしている最中でもメールチェックができる
  • 営業先でも必要な書類をクラウド上で管理、資料閲覧ができる
  • モバイルルーターを持ち歩くことで、どこでもインターネットに接続できる
  • 仕事の場、幅を広げることができる

とても便利なWiMAX。もといモバイルルーター。

ですが、多くの会社からWiMAXが販売されているのでどこを選べばよいのかがわからない、とお悩みの方も多いかと思います。

 

WiMAXを申し込むのであれば、BroadWiMAXがダントツでオススメです。

理由は、他の会社と比較して、法人名義でBroadWiMAXを申し込む場合のメリットが非常に優れているからです。

メリットは下記の3点です。

  1. 月額利用料金が安くてお得に使える!
  2. 端末代金が値引きされて0円になる!
  3. 最短で即日の受取が可能!

それぞれを見ていきましょう。

理由1:月額利用料金が安くてお得に使える!

WiMAXでは、2つのプランが用意されており、どちらも業界内最安値の料金となっています。

ライトプラン|月間7GBまで使えて2年間は使用料2,726円!

  •  ハイスピードモード、ハイスピードプラスエリアモード共に7GBまで
  • 利用開始月:2,726円の日割り
  • 利用開始月の翌月~24か月目(登録月から見て25か月目):2,726円
  • 25か月目(登録月から見て26か月目)以降:3,326円

ギガ放題プラン|無制限で使えて2年間は3,411円!2か月間は少し安い!

  • ハイスピードモード時は無制限(速度制限なし)、それ以外は7GBまで
  • 利用開始月:2,726円の日割り
  • 利用開始月の翌月~2か月目(登録月から見て3か月目):2,726円
  • 3か月目~24か月目(登録月から見て4か月目~25か月目):3,411円
  • 25か月目(登録月から見て26か月目)以降:4,011円

2種類の料金プランから選ぶことができ、いずれも業界内最安値の料金となっています。

ちなみに、料金プランの中で出てくるハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの違いを簡単に説明するとこんな感じです。

  • ハイスピードモード:WiMAXの電波を使う。速度は少し遅め
  • ハイスピードプラスエリアモード:auの4G LTE回線を使う。速度は速いが制限あり

基本的にはギガ放題プランを選択した方が不自由なくインターネット接続ができるのでオススメです。

理由2:端末代金が値引きされて0円になる!

通常、モバイルルーターや携帯電話を申し込む場合、端末代金が発生します。

端末代金も2万円弱はするので、気軽に買える物ではないですよね…。

 

ところが、Broad WiMAXではキャンペーンが適用されて端末代金18,857円が「0円」になります!

約2万円弱の値引きがあるのはとても嬉しいですよね。

何台契約しても端末代金18,857円が値引きされて「0円」になるので非常にお得です。

理由3:最短即日受取が可能!

通常、インターネットから申し込んだ場合、端末が手元に届くまでに2~3営業日の時間がかかってしまいます。

もし万が一、急用でモバイルルーターが必要になったとしても使えないケースが多々あります。

 

ですが、Broad WiMAXはなんと「当日から」使うことが可能になります

Broad WiMAXは3種類の受け取り方法があり、その中から選択して申し込みを行う形式になっています。

  1. 宅配便:翌日受取
  2. 店舗:当日受取
  3. バイク便:申し込み完了から2時間後

なんと、バイク便で申し込むと約2時間後には手元にモバイルルーターが届くのです!

その日の内にモバイルルーターを使い始めることができるので、大変嬉しいサービスです。

といいますか、めちゃくちゃ早く届くので驚きです。

 

以上、3点の理由から法人名義でWiMAXを申し込むのであれば「BroadWiMAX」がオススメです。

詳細が気になる方はこちらからどうぞ。

BroadWiMAXの詳細をみる

それでは続いて、申し込む際の持ち物や支払方法について確認をしておきましょう。

支払方法の設定・契約時の持ち物について

法人の支払い方法は3パターンから選べます

法人名義の場合の支払い方法は下記の3通りのパターンがあります。

  1. クレジットカード
  2. 口座振替
  3. 請求書払い(法人のみ)

個人名義の場合、個人名義のクレジットカード払いか口座振替(プランによる)のどちらかしか選択することができません。

法人名義で申し込む場合の持ち物について

  • 身分証明書(免許証やパスポート)
  • 在籍確認証明書(会社に在籍していることを証明するもの。いわゆる名刺や社員証)

法人名義でBroad WiMAXを申し込む場合の持ち物は上記2点です。

携帯電話を法人契約する場合は「法人印」と「法人確認書類」が必要になりますが、Broad WiMAXの契約に関しては不要とのことなので覚えておきましょう。

まとめ

今回は法人名義でWiMAXを申し込む際の注意点や、申し込む際のオススメの会社についてまとめました。

最後におさらいをしておきましょう。

法人名義でWiMAXを申し込む際の注意点

  • 現金キャッシュバックに釣られないこと
  • 申し込む時に値引き・月額料金から割引のどちらかで還元してくれる会社を選ぼう
  • 税金の対象になるので現金キャッシュバックは受け取らない方が吉

注意点としては上記の3点ですね。

上記3点を意識したうえで、法人名義で申し込む場合にオススメするのは「BroadWiMAX」です。

Broad WiMAXがオススメの理由

  1. 業界最安値の料金
  2. 端末代金が0円
  3. 最短で申し込んでから2時間後には手元に届く

端末代金の値引きという形でキャッシュバックが適用され、さらに申し込んでから最速で2時間後には手元に届きます。

月額料金も業界最安値なので非常にオススメです。

 

今回は法人名義の申し込みを想定してまとめましたが、個人名義での申し込みも対応しています。

気になった方は覗いてみてはいかがでしょうか?

【WiMAX2+】業界最安値の月額2,726円!

〜法人携帯の料金を下げたいご担当者様へ〜

法人携帯の料金を下げたいとお考えのご担当者様はコチラからご相談ください。

業務用ガラケーのご用意もございますので導入コスト・維持コストを節約したい方におすすめです。

【法人携帯】法人携帯業者の一括お問い合わせサイト

関連記事

Y!mobileは法人にオススメ!?月額1,980円から使えます!

法人名義でMy Softbankが使えない!?〜法人コンシェルサイトとは?〜

スマートフォン基本パック・法人基本パック〜機能説明〜

登記簿謄本・履歴事項証明書・印鑑証明書~法人確認書類とは~

法人携帯でスマートフォンは必要か?~ビジネスにおけるスマホの活用術~

携帯電話の法人契約について