iPhone初期設定の方法を詳しく解説してみました!

今回の記事では、初めてiPhoneを買った方向けに初期設定の方法についてを写真付きで解説していきます。

「久しぶりにiPhoneを購入したせいで設定方法忘れちゃったよ…」という方も、この記事を見て頂ければ問題なく設定できますよ。

 

それでは、早速iPhoneの初期設定方法を見ていきましょう。

 

初期設定の方法について

 

iPhoneの電源を入れてみましょう。

電源ボタンは、iPhone本体の右側上部にあるボタンを長押しします。

長押しするとこのように画面が映りますので、離してOKです。

 

こんにちは、という画面になるかと思いますので、そのまま進みましょう。

はじめに言語選択です。

 

日本語を選べばOKです(英語仕様で使いたい場合は英語を、それ以外の言語でも対応可能です)。

 

次に国選択です。

日本語を選択した場合は、一番上に「日本」と出ているのでそれを押します。

 

次のキーボードの画面は、このまま右上の「次へ」を押します。

 

Wi-Fiネットワークへの接続を行うか否かの決定画面になります。

私は自宅で設定を行ったので、自分のWi-Fiに接続をして設定をしました。

SIMフリー端末の初期設定を行う場合は、基本的にはWi-Fi環境下でないと設定ができないため、

自分の使っているWi-Fiを選択して、パスワードを打ち込んで使えるようにしておきましょう。

 

ここまで入力を終えると、アクティベートを行う画面となります。

中心部のクルクルが止まるまで待ちます。

そんなに時間はかからないと思います。

 

続いて、位置情報サービスをオンにするかどうかの確認画面になります。

位置情報サービスとは、「マップ」アプリや「iPhoneをさがす」の機能を使えるようにするかどうかということです。

基本的にはオンで問題ありません。

オフに設定しても、後で設定し直すことも可能なので特に気に病むことはありません。

 

続いて、Touch IDです。

Touch IDとは、指紋認証機能のことです。

あなたの指紋をiPhoneに記憶させておくことで、指紋認証機能をオンにし、App Storeでの決済や各種パスワード入力画面での入力を省くことができます。

 

実際に設定する際の画面はこんな感じ。

ここで設定してしまっても良いですし、とりあえずスキップして後で設定しても構いません。

 

次にAppとデータという画面になります。

これは、すでにあなたがiPhoneを仕様中でApple IDを持っていた場合、そのIDを入力することで、

クラウドシステムを介して、以前のiPhoneのデータと同期させることができます。

今回、私は全く新しいiPhoneとして設定をしますので「新しいiPhoneとして設定」を選択しました。

 

次に利用規約です。

内容をざーっとみて、同意して次の画面に行きましょう。

 

Apple Payの入力画面になります。

クレジットカードを設定しておくことで、iPhoneでクレジットカード決済ができるようになります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

Apple Payについて調べてまとめた記事へのリンクです。

 

続いてSiriの設定です。

Siriとは、音声自動案内の機能のことです。

 

続いて診断というページです。

送信を選択してもしなくても大した差はありませんので好きな方を選びましょう。

 

次はホームボタンの設定です。

iPhone 7から、ホームボタンが変更となりました。

今までは、物理的に押せるボタンでしたが、iPhone 7からはホームボタンの押す強さで様々な機能を使い分けることができます。

この画面では、ホームボタンを押した時の押した感触の強さを選択することができます。

3パターンありますので、好きな感触を選びましょう。

 

さて、いよいよ最後です。

画面の表示方法についてです。

ここでは「標準」と「拡大」のどちらかを選択することができます。

拡大を選択すると、アイコン画面がやや大きめの表示となりみやすくなります。

高齢者の方への配慮かと思いますが、みやすい方を選択しましょう。

 

ここまで進むとようやく設定が完了します。

ようこそ、iPhoneへ。

 

ホーム画面はこんな感じですね。

あとはお好みのアプリを入れてみたり、好きな壁紙に変更してみたり、ホーム画面のアイコンを好きなように入れ替えてみたりして、あなただけのオリジナルiPhoneにして使ってみてください。

これからのあなたの相棒は、このiPhoneです。

 

まとめ

 

今回、私がワイモバイルのSIMのみ契約をした際の手続き方法や、iPhoneの設定方法についてをまとめてみました。

写真を見ながら設定してみると、項目が多々あるため長く感じてしまうかもしれませんが、実際に操作してみるとそうでもありません。

時間にして4分程でしょうか。

基本的にタッチするだけなので、困ることも少ないと思います。

 

今回は、私がワイモバイルをSIMのみ契約した際の話をしてきましたが、他のMVNOのSIMカードでも同様です。

この後、APN設定と呼ばれる設定を行う際に、各MVNOによって操作方法が変わってくるだけです。

その設定方法については、また別記事にて書こうと思います。

 

SIMフリーiPhoneを初めて購入された方のお役に立てれば幸いです。

気になる電波帯ですが、使用しだしてそろそろ一ヶ月がたちますが、電波が繋がらないと言ったことはありません。

また、速度が遅いというようなこともないので、今までと遜色なく使用できています。

これで月額の利用料金をガクっと下げられるので、一人暮らしをしている私にとってはとても助かります。

 

ワイモバイルのSIMのみ契約についての記事はこちらをご覧ください。

この記事を読んだことをきっかけに、ワイモバイルへの変更を検討されてみてはいかがでしょうか?

不明な点や、気になることがございましたら、ぜひコメントを残していただくかお問い合わせフォームからご連絡下さい!

 

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

今後ともよろしくお願い致します。
*********************

移動中やごはん中等の『スキマ時間』を有効に使ってみませんか?

・朝の通勤時間
・お昼休憩時
・夜の手の空いた時間
・その他手が空いた時

様々な方の考え方に触れられますよ【^^】
下記リンクからどうぞ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スマホ・携帯ランキング

*********************

応援をお願い致します!

******************

移動中やごはん中等の『スキマ時間』を有効に使ってみませんか?

・朝の通勤時間
・お昼休憩時
・夜の手の空いた時間
・その他手が空いた時

様々な方の考え方に触れられますよ。

下記リンクからどうぞ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スマホ・携帯ランキング

******************

関連記事

【iPhone 7から!】Apple Pay 日本上陸~使い方を教えます~

「あんしん保証パック(i)プラス」と「Apple Care+」~どっちも保証だけ...

【本日発売】iPhone 7 (PRODUCT) RED™ Special Ed...

カバー付きのオシャレなiPhone7ケース『CERTA flip窓付きダイアリー...

【評判】モバイル保険なら代金を支払わずに修理可能!加入条件と注意点まとめ

あんしん保証パック with AppleCare Servicesに入る必要がな...