更新月ってなに?~素朴な疑問に答えます~

みなさん、こんばんは。つぶまめです。

今回は「更新月」ってなに?というご質問にお答えいたします。





 

突然ですが、本日、とあるユーザー様から、こんな質問を頂きました。

 

「更新月じゃないと機種変更できないんでしょ??」

 

さて、ここで問題です。

この質問に対しての答えは、下記のどちらが正しいでしょうか?

 

A:できる

B:できない

 

さて、どちらでしょうか?

答えは本記事をご覧頂ければお分かりになるかと思います。

それでは、参りましょう。

 

 

「更新月」とは?

 

それでは、早速「更新月」についてを確認してまいりましょう。

端的にお伝えすれば【携帯電話の解約をしても解除料金の発生しない月のこと】を指します。

 

通常、携帯電話を購入する時は「2年契約」という縛りの期間が発生しています。

2年契約が満了した時期=更新月、となり、そこで解約等の申請をしない限りは自動で2年契約が更新されます。

名称の「更新」とはここからきているんですね。

 

さて、具体的に例を出して説明しましょう。

例えばソフトバンクで契約をしたとしましょう。

ソフトバンクの場合、契約した月は0か月目としてカウントし、翌月を1か月目と起算してそこから24か月間の縛りが発生します。

更新月以外で解約を行うと、解除料金として9,500円(税抜)の違約金が発生してしまいます。

 

実際に数字を出して、説明いたします。

仮に”2017年3月1日にソフトバンクショップで、携帯電話を契約した”としましょう。

この場合、2017年3月31日までが「0か月目」としてカウントされます。

2017年4月1日になると「1か月目」として起算され、そこから24か月間は縛られます。

従って、この場合ですと2019年4月1日~2019年5月31日までが更新月となります。

(2016年3月よりドコモが実施、同時期にソフトバンク、同年5月からauも実施し始め、それ以前は1か月間だけが更新月でした)

 

上記の例で、2019年6月1日に入るとそこからまた2年間の更新がなされます。

この場合、2019年4月1日~4月30日までが1か月目となります。

次の更新月は2021年4月1日~2021年5月31日となります。

 

 

解約・MNPをするなら更新月にしよう!

 

上記でご説明した「更新月」『以外』で解約を行うと、契約解除料金というものが発生します。

この金額は9,500円(税抜)と、なかなか高額です。

この契約解除料金を発生させないためには、更新月で解約をする必要があります。

 

また、他のキャリアへMNPをする場合も更新月の方が、余計な出費を抑えられるので良いでしょう。

MNPとは、今使っている電話番号はそのままに他のキャリアへ移動こと、をさします。

よく「のりかえ」という言葉が使われていますが、まさにこのことです。

その昔は「のりかえ」を行うことで高額なキャッシュバックが入手できたりしましたが、現在は総務省の目が光っているのでそういったところもなくなってしまいました…

 

と、話が若干それました。MNPについてですね。

MNPの場合の考え方としては、下記の通りです。

 

  • 元々使っていたキャリア:解約
  • 次に使うキャリア:新規

 

こんな感じですね。

通常、新規契約を行う場合は電話番号を選ぶことが出来ませんが、MNPであれば、今使っている携帯電話の電話番号を引き継ぐことが出来ます。

 

上記をよーく見ると「解約」という文字がありますね。

そうです、MNPとは、元のキャリアを「解約」して、新しいキャリアと「新規契約」をする、ということなのです。

要するに、MNPをする際は契約解除料金が発生しますよ、ということですね。

 

これも更新月に行えば、契約解除料金は発生しません

ただし、「MNP転出手数料」という項目の事務手数料(2,000円(税抜))が請求されますので、普通の契約よりかは若干高くなりますが…

それでも無駄に9,500円の契約解除料金を取られるよりかは数倍マシなので、MNPを検討する際は更新月のことも視野に入れてみてくださいね。

 

 

「更新月でないと機種変更できない」?

 

さて、冒頭の問題に戻ります。

 

「更新月じゃないと機種変更できないんでしょ??」

 

更新月が関係あるのは「解約」と「MNP」の時のみです。

機種変更の場合、更新月は全く関係がありません

ですので、答えはAの「(機種変更は)できる」が正解となります。

 

この勘違いが生まれた原因をご説明いたします。

通常、私たちが携帯電話を購入する時、大方の人が「分割購入」をされるかと思います。

分割購入とは、端末代金を月々に分けて支払うという購入方法のことですね。

この分割購入は、基本的に「24回」と決められています(4Gケータイの場合は36回払い)。

この「24回」というのは、要するに24か月間は支払いが続きますよ、ということですね。

 

更に「月月割」の関係もあります。

月月割りは、機種ごとに設定されている割引のことで、こちらも「24回分」の割引きを受けることが出来ます。

また、月月割の適用24回以内に解約や機種変更、MNP等をすると、残った分の月月割りは消滅してしまいます。

要するにピッタリ使うためには24か月待たなければならないという構図が生まれているのです。

 

この「分割支払金」と「月月割」、それぞれが「24回=2年間」という設定がされているため、更新月でないと機種変更できない、という見方が生まれたのだと思います。

 

結論としては、機種変更という処理自体は全く問題なく行うことが出来ます。

ただ、上述の通り、分割支払金が残っていたり、月月割の適用分が残っていると損しているような感覚になりますので、そういう意味で言えば2年間はきっちり使い続けて頂いた方が良いのかな、とは思います。

 

 

結論

 

  • 更新月=契約解除料金の発生しない月のこと!2か月間設定されています!
  • 機種変更は更新月じゃなくてもできる!

 

以上の2点を覚えておいてくださいね。

 

それでは、今回はここまで。

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。



*********************

移動中やごはん中等の『スキマ時間』を有効に使ってみませんか?

・朝の通勤時間
・お昼休憩時
・夜の手の空いた時間
・その他手が空いた時

様々な方の考え方に触れられますよ【^^】
下記リンクからどうぞ!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スマホ・携帯ランキング
人気ブログランキングへ

応援をお願い致します!

******************

移動中やごはん中等の『スキマ時間』を有効に使ってみませんか?

・朝の通勤時間
・お昼休憩時
・夜の手の空いた時間
・その他手が空いた時

様々な方の考え方に触れられますよ。

下記リンクからどうぞ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スマホ・携帯ランキング

******************

関連記事

【料金プラン】通話し放題プランの内容、ご存知ですか?

実質負担0円で買える携帯電話のカラクリ 元携帯販売員が徹底解説!

名前が違うだけで内容は一緒~月月割・月々サポート・毎月割~

【法人】SoftBankでオススメの料金プラン~iPhone・Android~