テザリング機能について~意外と知られていない落とし穴~

テザリングってなんですか?と、お困りの皆さん、こんにちは。

テザリング機能とは、Wi-Fiのない所でもパソコンやタブレット、携帯ゲーム機をインターネットに接続出来る機能のことです

実は、ほぼすべてのスマートフォンでテザリング機能(申し込みが必要な場合がほとんど)が利用可能です。

意外とその存在が知られていないことが分かったので、


テザリング?初めて聞くなあ


テザリングって聞いたことはあるけど、内容はよくわからないわ…

とお悩みの方向けに、今回は【テザリング機能】についてまとめてみました。

この記事を最後までご覧頂ければ、テザリングの使い方や注意点が丸わかりになります!

目次-必要な所だけクリックして見て下さい-

テザリング機能の概要について

テザリングとはiPhoneやスマートフォンがモバイルルーターの代わりになる機能のこと

テザリングとは、あなたのお手持ちのiPhoneやスマートフォンが無線Wi-Fiルーターやモバイルルーターの様に使える機能のことです。

このテザリング機能のおかげで、例えば無料のWi-Fiが使えない場所でもパソコンをインターネットに接続して作業をしたり出来ます

少し変わったところで、携帯ゲーム機(Nintendo 3DSやPSP等)をインターネットに接続して遊ぶことも出来ますね。

テザリング機能の用途ってどんな場面?

フリーWi-Fiがない場所でもインターネットに接続できる!

テザリング機能は、簡単に言えばiPhoneやスマートフォンがモバイルルーターの代わりになるという便利な機能です。

つまり、Wi-Fiに接続することのできない外出時やフリーWi-Fiのないお店で、パソコンやタブレットをインターネットに接続出来ます

よく、カフェやファミリーレストランでパソコンを開いて作業をしている人を見かけませんか?

まさにあのイメージで、電波の入る所であればどこでもインターネットに接続して作業をすることが出来ます

モバイルルーターを別に契約する必要がない=荷物が軽くなる

あなたは普段、iPhoneやスマートフォンを持ち歩いていますよね?

中には仕事でパソコンを持ち歩く方もいるでしょうし、パソコンを接続するためのモバイルルーターも必要です。

…荷物、もの凄くかさばるしめちゃくちゃ重くなってないですか?

そんな時に【テザリング機能】が非常に便利です。

普段持ち歩くiPhoneやスマートフォンがモバイルルーターの代わりになるので、モバイルルーターを持ち歩く必要がありません。

荷物が軽くなって疲れませんし、モバイルルーターを失くしてしまう危険性もなくなります

テザリングには「W-Fi」「Bluetooth」「USB」の3種類があります

便利な機能である【テザリング機能】には、3種類あります。

  1. Wi-Fiテザリング
  2. Bluetoothテザリング
  3. USBテザリング

それぞれ簡単に説明していきます。

Wi-Fiテザリング

もっとも一般的な接続方法です。

無線Wi-Fiルーターやモバイルルーターに接続する場合は「Wi-Fiテザリング」で接続している状態になります。

Wi-Fiに対応している機器に対して、電波を飛ばして通信が行えるようにします。

Bluetoothテザリング

Bluetoothという無線機能を介して、インターネット接続を行います。

iPhoneやスマートフォンに接続するテザリング機能は「Bluetoothテザリング」のことを指しています。

巷でよく「Bluetoothイヤホン」とか「ワイヤレスヘッドホン」という言葉を聞きませんか?

あれと全く同じです。

Bluetoothテザリングは、無線機能で通信を行うため、障害物がある場合(壁や人込み等)や、距離が離れてしまうと接続が切れてしまいます

USBテザリング

USBテザリングには2パターンあります。

ルーターと接続機器をケーブルでつなぐパターン」と「USBポートに直接差し込むパターン」です。

会社のパソコンは有線(ケーブルのこと)でつながっている所もまだまだ多いですよね。

テザリングを使う為にはスマホと接続機器の両方で設定が必要

非常に便利な【テザリング機能】ですが、iPhone/スマートフォン側接続する機器側の両方で設定が必要になります。


めちゃくちゃ難しそう…

ご安心ください!

めちゃくちゃ簡単なので、下記の手順に従って実際にやってみましょう。

iPhone/スマートフォン側

iPhoneの場合

  1. 「設定」アプリを押す
  2. 「インターネット共有」の項目を押す
  3. 一番上のタブをオンにする(緑色になったらOK)
  4. 「”Wi-Fi”のパスワード」をメモする(もしくはその画面を開きっぱなしにしておく)

Androidの場合

  1. 「設定」アプリを押す
  2. 「無線とネットワーク」を押す
  3. 「テザリング」を押す
  4. 「パスワード」をメモする(もしくはその画面を開きっぱなしにしておく)

接続する機器側

iPhone/Androidスマートフォンで上記の手順を踏むとBluetooth接続の準備が完了します。

あとは、表示されている名前を選択して先ほどのパスワードを入力するだけで自動で接続されます。

これで全ての設定は完了です! お疲れさまでした!

キャリア毎のテザリング機能の料金について

非常に便利な【テザリング機能】ですが、キャリアによっては追加料金が発生する場合があります。

docomoユーザーは申込不要・無料でテザリングが使える

docomoで【テザリング機能】を使う場合は「spモード」と呼ばれる、インターネットに接続するためのオプションに加入する必要があります。

spモードは、基本的にiPhone/Androidスマートフォンを契約する際に加入が義務付けられているものです。

つまり、docomoユーザーの皆さんは特に何の申し込みを行わなくとも【テザリング機能】が使えます。

且つ、料金はかかりません

ですが、注意点があります。

新料金プラン「ウルトラデータパックL/LL」に加入中の方は、テザリング機能の料金として1,000円かかります。

2018年4月末まではキャンペーンが適用されているため、無料で使えますが、それ以降は1,000円発生してしまうのでご注意ください。

ー追記ー

2017年7月31日に株式会社NTTドコモより報道発表がありました。

ウルトラパックを契約中の方も、2018年4月以降も申し込み・定額料不要でテザリング機能が利用可能となりました!

auユーザーはテザリングオプションに加入の必要アリ!

申込方法

auで【テザリング機能】を使う場合は、テザリングオプションに加入する必要があります。

加入する為には「Web」「店頭」「電話」の3パターンから選択出来ます。

Webで申し込み

Webから申し込みを行う場合は、下記のリンクより「au ID」のページに飛びましょう。

>>au IDへはコチラから!

ここから「マイページ」にログインすることで、オプションに加入することが出来ます。

店頭で申し込み

最寄りのauショップに来店することでもテザリングオプションに加入することが出来ます。

わからないことがあればショップスタッフに直接質問が出来るので、最も簡単な方法だと言えます。

電話で申し込み

テザリングオプションへの加入は、電話でも申し込みを行うことが出来ます。

  • 【au携帯電話から】局番なし「157」(無料)
  • 【au以外の携帯電話、一般電話から】「0077-7-111」(無料)

※上記番号が使えなかった場合「0120-977-033」

※年中無休(9:00~20:00)

auのテザリング利用料金について

auでテザリング機能を使う場合は、加入しているデータ定額サービスによって料金が異なります。

対象の料金プラン月額使用料
  • データMAX 5G
  • データMAX 5G Netflixパック
  • ピタットプラン 5G
  • auデータMAXプラン Netflixパック
  • auデータMAXプランPro
  • auフラットプラン7プラスN
  • ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)
  • auピタットプランN(s)
  • ケータイシンプルプラン/ケータイカケホプラン
  • VKプランS(N)/VKプランM(N)
無料
  • auフラットプラン20N/25 NetflixパックN
  • タブレットプラン20
500円
上記以外の料金プラン500円

一部の料金プランでは毎月500円のテザリング利用料が発生してしまうので気をつけましょう。

SoftBankもテザリングオプションに申込が必要

申込方法

SoftBankで【テザリング機能】を使う場合は、auと同様でテザリングオプションの加入が必要です。

申込方法は「Web」「店頭」の2パターンから選択出来ます。

Webで申し込み

SoftBankと言えば「My SoftBank」ですね。

>>My SoftBankへはコチラから!

ここから「マイページ」へログインすることで、料金プランの変更やオプションの申し込みが行えます。

店頭で申し込み

最寄りのSoftBankショップに来店すれば、そこでもテザリングオプションの加入が出来ます。

わからないことがあればすぐに質問出来るのがショップに行くメリットですね。

SoftBankのテザリング利用料金

SoftBankもauと同様で、加入しているデータ定額サービスにより料金が異なります。

データ定額サービス月額使用料
  • データプランメリハリ
  • データプランミニフィット
  • データプラン50GB+
  • データプランミニ
  • データプラン1GB(スマホ)
  • データプラン1GB(ケータイ)
  • データプラン100MB
  • データ定額 50GBプラス/ミニモンスター
  • データ定額 20GB/30GB/50GB
  • データ定額スマホデビュー
  • 家族データシェア 50GB/100GB
  • 法人データシェアギガパック(50)/(100)
500円
  • データ定額ミニ 1GB/2GB
  • データ定額(おてがるプラン専用)
  • データ定額 5GB
  • データ定額S(4Gケータイ)
無料
上記以外の料金プラン500円
※加入してから2年間無料

ソフトバンクにおいては、ほとんどの料金プランでテザリング利用料500円が発生するのでご注意ください。

Y!mobileでテザリングを使う場合は申込不要・無料!ただし料金プランによる

告知:Y!mobileでテザリングを使う際の設定や詳細についてまとめました。

>>【テザリング】SIMフリーiPhoneとY!mobileでテザリングが使用可能に!

Y!mobileでは、申込不要・無料でどの機種でも【テザリング機能】を使うことが出来ます。

ただし、下記の料金プランの場合に限ります。

  • スマホベーシックプラン/スマホプラン
  • データベーシックプラン/データプラン
  • シェアプラン
  • ケータイベーシックプランSS/ケータイプランSS

-注意点-

Simply、AQUOSケータイ、DIGNOケータイは対象外です

テザリング機能の意外と知らない落とし穴

非常に便利な【テザリング機能】ですが、意外と知られていない落とし穴があります。

知らないと損をしてしまうかもしれません。

テザリング使用時の注意点

テザリング機能】を使用する場合、下記の2点にご注意ください。

  1. 通信制限に引っかかるケース
  2. バッテリーの消費が激しい

通信制限に引っかかるケース

テザリング機能】とは、iPhoneやスマートフォンがモバイルルーターの代わりになる機能のことだとお伝えしました。

要するに、iPhoneやスマートフォンを介してインターネットに接続するので、必然的にパケット通信を行います。

要するに、iPhoneやスマートフォンで契約しているデータ定額サービスの容量を消費してインターネットに接続しているのです。

つまり、速度制限にかかってしまう可能性があります

速度制限にかかるとインターネットの表示に数十秒かかるようになります

速度制限にかかってしまうと、データ通信の速度がめちゃくちゃ遅くなります。

その速度は『128Kbps』にまで落とされてしまいます。

ちなみに、SoftBankの「SoftBank 4G LTE」の通信速度は、下りで最大『187.5Mbps』です(Mbpsの方がKbpsよりも速い)。

低速通信時の『128Kbps』という速度は、インターネットに接続して表示されるまでに数十秒以上かかるレベルです。

正直言って使い物にならないレベルなので、速度制限にかからないように気を付けたいですね。

速度制限にかかってしまう例

それでは、実際に速度制限にかかってしまう例を見て行きましょう。

例えば、あなたはSoftBankの「データ定額パック(5GB)」を契約してます。

このデータ定額サービスは、ひと月の間に5GBまでの高速通信が使えます

この「5GB」という数字は、普通にiPhoneやスマートフォンを利用していても容量を消費しますし、テザリングを行っていても消費します。

5GBという容量を使い果たしてしまえば『通信速度制限』にかかってしまいます(低速通信時は128Kbps)。

通信速度制限にかかってしまうと、その月に関してはインターネットの接続やYoutube等の動画閲覧が物凄く遅くなってしまい、不便極まりない状態となってしまいます。

速度制限にかかってしまった場合の対処法

速度制限にかかってしまった場合は、1GBを1,000円で購入することが可能です。

キャリアによっては、0.5GB(500MB)を550円で購入するという選択肢もあります。

追加で容量を購入することで、即座に速度制限が解除されます。

テザリングを使っていると速度制限にかかるのが速くなる?

テザリング機能】を利用していると”通信速度制限にかかるのが速くなる”と聞いたことはありませんか?

結論から言えば、その可能性は非常に高いです。

iPhoneやスマートフォンには、様々な「アプリ」が入っていますよね。

それらのアプリは自動通信を行っているケースが多々あります

そのおかげで、アプリを起動しなくとも天気がわかったり株価を見れたりするワケですね。

実は、パソコンに入っているソフトウェアやアプリケーションについても同様に自動通信が行われているです。

つまり、テザリングを使ってパソコンを接続していると、iPhoneやスマートフォンで自動通信が行われている傍らで、パソコンのソフトウェア等も自動通信を行っている可能性が出てくるのです。

それによって、普段よりも通信量が増加してしまい、通常よりも早く速度制限に引っかかるように感じるのです。

なので、テザリング機能を使うのは本当に必要な時だけ接続して、不要な場合は必ずテザリング機能をオフにしておきましょう。

バッテリーの消費が激しい

テザリング機能を使うとバッテリーの消費が激しくなります。

接続機器に対して電波を常に飛ばし続けている状態となる為、通常よりも通信量が多くなるためです。

モバイルバッテリーを持ち歩くか、充電の出来る場所での使用が望ましいですね。

テザリングの履歴や通信内容は基本的には調べられません


テザリング機能を使っていると、通信した履歴や通信内容を調べられてしまうのでは?

という声を聴きます。

会社から支給されているiPhoneやスマートフォンをお使いの方だと、どうしても気になってしまう部分ではないでしょうか?

 

結論から申し上げますと、基本的には履歴を調べることはできません

社内PCやWi-Fi環境を使っている場合はログを取っている会社も多いのでWebサイト閲覧履歴を調べられたりはします。

ですが、携帯端末の通信履歴を「遠隔で」確認する術はありませんのでご安心ください。

(とはいえ、業務用スマホはあくまで「業務を行うことを目的」に使用する端末なので個人的な目的での使用は控えた方が良いでしょう)

まとめ

  1. テザリング機能とは、iPhoneやスマートフォンがモバイルルーターの代わりになる機能のこと
  2. テザリング機能を使うと、荷物がかさばらない・重くない・失くさないというメリットがある
  3. テザリング機能を使う場合は、契約しているキャリアとプランによって料金が発生する
  4. 通信速度制限とバッテリーの消耗が激しくなるので注意が必要

今回は【テザリング機能】についてまとめました。

非常に便利なテザリング機能ですが、諸々と注意点もありますので気を付けてご利用ください!

〜法人携帯の料金を下げたいご担当者様へ〜

法人携帯の料金を下げたいとお考えのご担当者様はコチラからご相談ください。

業務用ガラケーのご用意もございますので導入コスト・維持コストを節約したい方におすすめです。

【法人携帯】法人携帯業者の一括お問い合わせサイト

関連記事

関連記事がありません。